スタッフブログSTAFF BLOG

わかちあいファンドの投資家保護の仕組み

2021年5月7日

わかちあいファンドの投資家保護に関する取り組みについて、ご紹介します!✨

まず、わかちあいファンドは不動産特定共同事業法に基づく事業者として、

監督官庁の許可を受けています!

(わかちあいファンドは、なんと滋賀県第1号👏)

 

投資家保護の仕組みとして、取り組んでいるのが、

大きく分けて4つあります。

①空室対策!【マスターリース契約】

インカム型に関しては、空室リスクや賃料下落の可能性が…

わかちあいファンドでは、資産運用会社とマスターリース契約を結ぶことで、

空室リスクや賃料下落のリスクを軽減しております✨

②皆さまの元本を優先的に守る!【優先劣後構造】

例え、家賃収入が減少してしまったとしても、一定割合までの減少であればお客様への分配金には影響が出ません✨

③皆様の資産を守る!【信託保全】

お客様の未投資資⾦をより安全に管理するために、信託銀⾏への分別管理を実施しています✨

【配当金や預託金はいつでも引き出しOK】

投資口座に入る未投資資⾦はいつでも必要な時に引き出すことができます

 

わかちあいファンドの投資家保護の仕組み、少しでも理解いただければ嬉しいです(*’ω’*)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

いますぐ
はじめる